Amazon Web Services入門

Amazon Web Services入門

http://dotinstall.com/lessons/basic_aws

リージョンの選択
インスタンスの立ちあげ
OSの選択
AZの選択

アクセスURL
ファイアーウォールの確認
インスタンスの再起動、起動、停止、削除
ディスクの確認

ELASTIC BLOCK STORE
 Volumes

SSHコマンドの確認   * 右クリックから「connect」
秘密鍵の設定
- 管理画面からダウンロード hoge.pem
- chmod 600 hoge.pem
ログイン
システムの更新
- sudo yum update

sudo yum -y install httpd php mysql
sudo service httpd start
sudo chkconfig httpd on
sudo vim /var/www/html/index.html
ブラウザでの確認

イメージの作成
- 管理画面 サーバ右クリック「Create Image」
- シャットダウンして、スナップショップをとっている!
内部動作の確認

Elastic IPの割り当て
- シャットダウンするとドメインが変更になる
EC2への紐付け
- IPもらったら EC2 に結びつける Associate
紐付けの解除
- DIsassociate
IPアドレスの解放
- 紐付いてないと課金される 「Release Adress ボタン」

スナップショットの作成
- ディスクの Volumes から、右クリック「Create Snapshot」
- 立ち上げは Snapshot から右クリック「Create Image from Snapshot」
スペックの変更方法
- 右クリックから「stop」
- 右クリックから「Change Instabce Type」

データベースの選択
- 左上メニュー Services -> RDS
- 右上 Tokyo 確認
- Multi-AZ Deployment: 
データベースの設定

データベースのスペック変更
- 右クリックから Modify
End Pointの確認
- 接続に使うドメイン
EC2へのログイン
- セキュリティグループの変更
- IP か セキュリティグループ名で設定
RDSへの接続
データベースの確認
- EC2 から Connect -> ssh コメンドのコピー
- ssh
- mysql -h HOST_NAME -u dbuser -p

サーバー構成について
ロードバランサーについて

イメージの作成
- MyWeb1 から Create Iamage
- IMAGES AMIs に 作成される
- AMI から 右クリック「Launch Instance」
インスタンスの作成

サーバーの動作確認
ロードバランサーの設定
- NETWORK & SECURITY から Load Balancers 「Create Load Balancer」
- Status が「In Service」になるまで待つ
動作確認
- Load Balancer の Discription に アドレスが記載されている

S3

バケットの作成
- バケット名はグローバルで一意「myfiles.dotinstall.com」等
- Create Folder ボタン
ファイルのアップロード
- ファイルの情報で Details の Link が URL
- デフォルトでパーミッションエラー
- 画像名 右クリック「Make Public」
パーミッションの設定
SDKの紹介
- sdk aws php で検索

S3 でホスティング

バケットの作成
- 独自ドメインと同様にする
bucket policyの設定
- Permissions -> Add Backet Policy -> 下の Sample Bacuket Policies
- 2番めの Granting Permission to an Anonymous User をコピペ
- Backet名の変数 -> Auto Make Public
ウェブサイトの設定
- 右のメニュー Web Site から Enabled にチェック
動作確認

料金の確認
- 右上ユーザー名から Account Activity
料金のモニター方法
- Monitor your .... 文章の Enable Now をクリック