tatenosystem WebSocket ソリューション / node.js


ソリューション デモ

異なったブラウザ間で通信を行い、クマを移動させる本システムの デモ です。

最初に下の「くま画面」を開いてください。

クマの上に5桁の「CODE」が表示されます。

くま 画面(情報受信側)

くま 画面

プログラムの説明

先ほど「くま画面」を開いたブラウザ(端末)ではなく、別のブラウザ(端末)で下の「くまコントローラー」を開いてください。

先ほどの5桁の「CODE」を入力して、「CODE送信」ボタンを押してください。

くま をコントロールする画面が出てきます。

上下左右、文字表示をコントロールできます。

くまコントローラー(情報送信側)

くま コントローラー

プログラムの説明


tatenosystem WebSocket ソリューション

クライアント→サーバは、今までどおり HTTP、サーバ→クライアントだけ、WebSocket で行う。

サーバサイドが WebSocket セッションを管理することで、実装が面倒なサーバからの通信だけ node.js を利用するソリューションです。

サーバサイドのコードは既存のLL言語で記載できます。

チャットシステムやカードゲームのような、定期的にサーバから情報を送るゲームなどに向いてます。

欠点は双方 WebSocket 送信に比べ TCP コネクション分のコストがかかることです。

メリットは Node.js 等でサーバサイドを開発せずに、LL 言語など使い慣れた言語が使用できることです。

サーバプログラム

http://tatenosystem.com/download/app_js.txt

クライアントJavaScriptプログラム

http://tatenosystem.com/download/tssocketlib.js

実装例

<script type="text/javascript" src="jquery.js"></script>
<script type="text/javascript" src="socket.io.js"></script>
<script type="text/javascript" src="tssocketlib.js"></script>
<script type="text/javascript" src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/2.1.3/jquery.min.js"></script>
<script type="text/javascript" src="http://server/socket.io/socket.io.js"></script>
<script type="text/javascript" src="tssocketlib.js"></script>