動画編集講座 ~Premiere編~

動画編集講座(Premiere編)

Adobe Premiere6.5J の動画作成の講座です。

(6.5Jはすでに販売を終了しています)

■ Adobe Premiere

Adobe Premiere Pro CS5

http://www.adobe.com/jp/downloads/

Adobe Premiere Elements 9

https://www.adobe.com/cfusion/tdrc/index.cfm?product=premiere_elements&loc=ja

無料ソフトであれば「NicoVisualEffects」がお勧め

■NicoVisualEffects

http://nive.jp/

http://www.geocities.jp/goldenhige/NiVE/

http://www.nicovideo.jp/mylist/5847121/

ニコニコ版AE(仮)を作ってみる

http://www.nicovideo.jp/mylist/2861796

NiVE講座

http://www.nicovideo.jp/tag/NiVE講座

セルアニメーションの作成なら「RETAS STUDIO」がお勧め

■RETAS STUDIO

http://www.retasstudio.net/

http://www.amazon.co.jp/セルシス-RETAS-STUDIO-Windows/dp/B001MHV90K

2009年11月2日(月)第1回講座

ウィンド構成

  • ビン:素材置き場(左上)
  • モニタ(上部中央)
  • ナビゲータ:タイムライン倍率制御(右上)
  • タイムライン:動画編集エリア(下部中央)
  • エフェクト(右下)

「ビデオ1」タイムラインについて

  • 「ビデオ1」は特殊なタイムライン → エフェクト用
  • 「ビデオ1」はフォトショップでの「背景」
  • 「ビデオ1A」と「ビデオ1B」に素材を置き、トラジションにエフェクトを設定する
  • エフェクトをクリックすると、エフェクトの設定画面が出る

「ビデオ2~」タイムラインについて

  • 「ビデオ2」以降はフォトショップの「レイアー」
  • 「ビデオ3」「ビデオ4」とメモリが許す限り増やせる
  • 「ビデオ2」以降は、「透明度(透明エリア)」と「モーション(動き)」を設定できる

素材取り込み

  • ビンより素材を開く
  • 別ウィンドウで範囲選択
  • 選択したデータをビンに登録(ドラッグ&ドロップ)
  • ビンよりタイムラインに素材を置く(ドラッグ&ドロップ)

編集について

  • リターン(改行)ボタンで選択範囲の部分のプレビュー
  • プレデビューデータが存在していないところはバーが「赤」になっている
  • プレデビューデータが存在しているところはバーが「緑」になっている
  • かみそりツールでフイルム(素材)を切断する事が出来る
  • DELキーで素材削除

2009年11月9日(月)第2回講座

サウンドについて

  • いくらでも「オーディオレイアー」を増やせる
  • ボリューム制御が出来る
  • LR制御が出来る

字幕作成(タイトル作成)

  • 新規タイトル作成
  • タイトルデザイナ画面でタイトル作成(下図)
  • タイトルも素材としてビンに保持

  • タイムラインに配置したタイトルはアルファチャンネル(透明度)が設定できる(下図)
  • 「ビデオ2~」に配置するのでモーションが定義できる

エフェクトについて

  • ビデオ、サウンドにエフェクトを設定できる
  • エフェクトを複数設定できる(エフェクトコントロールウィンド)

完成動画の出力

  • 作業範囲のみ出力と全体出力がある
  • Adobe Premiere6.5Jは古いので出力フォーマットが限定されている
  • ファイルサイズ大の高画質フォーマットで出力した後、フリーソフトで今時の高画質・小サイズの動画に変換するのがお勧め